ハニービーやレジェンドのアコギ初心者セットはおすすめできる?

ハニービーやレジェンドのアコギ初心者セットはおすすめできる?ギターの選び方を解説

今回は税込1万円台のアコギ初心者セットで、とりわけ知名度が高いHoney Bee(ハニービー)とLegend(レジェンド)についてのお話です。

「格安のギター入門セットはおすすめしない、弾きにくいから避けた方がいい」

そういった口コミ・レビューが検索結果に出てきて、「安いギターだと後悔するのかな?」と不安になる方も多いでしょう。

じつは、私自身がはじめて購入したアコースティックギターも同様に通販で2万円未満のグレードの初心者セットでした。

予算を上乗せできるに越したことはないけど、背に腹は代えられないシチュエーションってあるよね。

元楽器店員としての率直な印象は「試しにギターを始めてみたい」という温度感であれば、ハニービーやレジェンドは十分に有力候補になると考えています。

最近はさらに安いモデルも見かけますが、そこまでいくと実質ノーブランドに近いものが紛れていておすすめしにくいのが本音。

以下にもう少し詳しく解説してみたいと思います。

税込1万円台クラスのギター初心者セットについて|予備知識

まず大前提として、ハニービーやレジェンドに限ったことではないですが、エントリー価格帯のアコギは海外工場にて均一仕様を多数生産してコストを抑えています。

独学で気軽に始められるギターは、世間一般の趣味として広く普及しているからこそ量産モデルの低価格が成り立っている側面があるわけですね。

そして「安いギター」を選ぶ以上、下記は知っておいて欲しい部分です。

  • ギターの音質は価格相応
  • 経年での耐久性に個体差がある
  • 木工やセットアップの精度はそれなり
  • 小傷や塗装ムラなどは許容範囲

「ハニービーやレジェンド」は、楽器業界での十分な知名度がありメーカー保証も付いていれば、初期不良対応もしてくれる製品

それでもクオリティコントロール(品質管理)や検品で許容される範囲は比較的緩い傾向にあります。

楽器の製作工程には手作業の部分があるので、弾きやすい個体もあれば、弾きにくい個体もあるというのが重要。

ギターには「ネックコンディションがいまいち」「弦高(げんこう)が高い」など保管環境の影響・木材の個体差が付き物。

一昔前の格安ギターに見られるような設計不良はなくとも、弾きやすさに直結する部分が価格相応なのはデメリットになりうることを知っておきましょう。

フォークサイズとウエスタンサイズの違いを知ってから選ぼう

それでは実際にハニービーやレジェンドのアコギ初心者セットを選ぶ手順についてチェックしていきましょう。

アコギ初心者セットといえば「二種類のサイズが選べる」パターンが長年の主流。

画像をタップするとAmazonで表示 HONEY BEE F15
画像をタップするとAmazonで表示 LEGEND FG15

スチール弦を張るタイプのアコースティックギターを「フォークギター」と呼ぶのは既にご存知かもしれません。

ここで特に「ギターの大きさ」について「フォークサイズ」と記載されているときは、小ぶりなボディで真ん中の部分がややきつめに絞られたシェイプを表しています。

上記のようにハニービーだとF15、レジェンドだとFG15という型番が該当しますね。

「フィンガーピッキング(指弾き)奏法に適している」と言われることもありますが、最初はあまり気にしなくて大丈夫です。

画像をタップするとAmazonで表示 HONEY BEE W15
画像をタップするとAmazonで表示 LEGEND WG15

その一方で「ウエスタンサイズ」というパターンは、フォークスタイルと違い、ボディがあまりくびれていないところに注目しましょう。

空洞部分の容積が大きい分、ボリュームのあるサウンドで迫力が出しやすいのが特徴に挙げられます。

具体的には「ハニービーだとW15」「レジェンドだとWG15」というモデル名で「Western」の頭文字が入っています。

もともと「カントリーウエスタン」という音楽ジャンルに由来する名称なのですが、現在は「ドレッドノートシェイプ」と呼ぶ方が一般的になりました。

フォークサイズにするか、ウエスタンサイズにするかは「憧れのアーティストが使っているモデルに似ている」など、直感的に見た目がかっこいいと思える種類を選ぶのが定番。

ただし「ウエスタンサイズ(ドレッドノートスタイル)は写真で見るより大きかった」という評判も出てきます。

ギター初心者の方にとって、弾きやすさの面では「フォークタイプ」のほうが無難かもしれません。

ハニービーのアコギF15モデル(小さめ)について

フォークサイズのHoneyBee F-15では、型番にFGとFMがあるのですが「G」はglossの略で艶・光沢有りの塗装、「M」はmat/matteの略で艶消しの塗装を指します。

それぞれ合計で9色も用意されているのは、初心者向けセットならではというところです。

画像下段 タップすると楽天市場で表示 Honey Bee F-15

グラデーション系のカラーだけでも「サンバースト、レッドサンバースト、ブルーサンバースト、チェリーサンバースト」と4パターン。

定番の「ナチュラル、ブラック、マホガニー」に加えて、写真には写っていませんが他社ではあまり見かけない「キャンディレッド、サクラ」も選択肢のオプションに追加されています。

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有
サクラ楽器公式Youtubeチャンネル HONEYBEE アコースティックギター F-15|デモ演奏動画

ハニービーを手がけているキョーリツコーポレーションの直営店「サクラ楽器」がYoutubeにアップしているデモ動画があるので、このあたりは一度見ておくといいでしょう。

2007年の投稿で年季が入った画質ですが、サウンドだけでなく抱えたときのサイズ感もイメージが掴みやすいですね。

同シリーズでは、F-16Eというピックアップ搭載モデル(=マイク付きのエレアコ)や、レフティのギタリスト向けにF-17LHも発売されています。

レジェンドのアコギFG15モデル(小さめ)について

フォークサイズのLegend FG-15では、ハニービーとサウンドホール周り、ブリッジやヘッド形状などディテールの違いがあります。

ネックジョイント付近にストラップピンがあるので、ギターストラップをヘッドに結ばなくていい仕様です。

画像をタップすると楽天市場で表示 Legend FG-15

レジェンドでは「ナチュラル、ブラック、ホワイト」といった一色仕上げの他、グラデーション系で「ブラウンサンバースト、チェリーサンバースト、ブルーシェイド、レッドシェイド」を展開。

個性的なフィニッシュだと、ピックガードまで配色にこだわった「サーフグリーン、ピンク」が人気です。

レジェンドの取り扱い元は「アリアプロ2」のブランドで有名な荒井貿易。同ブランドにはエレキギターの入門モデルもあるので「アコギでカテゴリを絞り込む」と探しやすいでしょう。

こちらだとメーカー公式動画はありませんが、定番機種なので品名で検索するとYoutubeのレビュー動画も色々出てきて参考にできると思います。

カッタウェイ付きのエレアコFG-15CE、レフティ用のFG-15LHがバリエーションとして生産されていて、ほぼ同様のグレードにあたります。

ハニービーのアコギW15モデル(大きめ)について

ウエスタンサイズのHoneyBee W-15については、7色のカラーオプションが用意されています。

前述のF-15モデルにおける「キャンディレッドとサクラを除いた」共通の色展開ですね。

画像上段 タップすると楽天市場で表示 Honey Bee W-15

本製品でも、マホガニーとチェリーサンバースト以外の塗装に関しては、グロス仕上げ(G)とマット仕上げ(M)が選択可能です。

艶の有無は見た目の印象だけでなく、手触りにも直結して「ツルツル」か「サラサラ」で抱えたときに質感の違いがあります。

サクラ楽器 HONEYBEE アコースティックギター W-15
サクラ楽器公式Youtubeチャンネル HONEYBEE アコースティックギター W-15|デモ演奏動画

デモ動画はフォークサイズと同じ収録環境ですが、W-15モデルのほうが「パワフルで箱鳴り感が強い響き」が伝わりますでしょうか。

ハニービーではW-17LHという名称のレフティモデルも用意されています。バリエーション機種では、「ラウンドショルダー」というなで肩シェイプのHJ-18モデルも捨てがたいです。

レジェンドのアコギWG15モデル(大きめ)について

最後にウエスタンサイズのLegend WG-15をチェックしてみましょう。

ハニービーと比較した第一印象では、ピックガードの形状が少し角張っているところが目立ちますね。

画像をタップすると楽天市場で表示 Legend WG-15

カラバリは、ナチュラル以外に「ブラウンサンバースト、チェリーサンバースト」のみ。フォークサイズ製品と違い、いわゆるトラディショナル路線の定番色に絞った品揃えです。

本製品もネックヒールにストラップピンがあり、レジェンドFG-15と木材の種類など主要スペックは類似しています。

ネックスケール(弦長)も650mmで共通仕様なので、シンプルにボディデザインの好み、体格の兼ね合いで比較検討していくのが良いでしょう。

まとめ

序盤の予備知識のところで触れたように、低価格帯ギターの評価はどうしても賛否両論が出てきます。

それでも、これだけ低予算でたくさんの選択肢が揃っているのはありがたいところ。もし、最初から購入するのが不安であれば「レンタルやサブスク」を試してみるアイデアもあります。

「もう少し予算を上げられそう!」という方はヤマハの入門モデルも候補になるので、別記事を合わせてご覧いただけると嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました