これだけ覚える楽器店マナー6選 試奏編|元ギター店員が語る

これだけ覚える楽器店マナー6選 試奏編|元ギター店員が語るギター初心者の疑問

楽器経験が長くなるにつれて、いつの間にか身に付いていく常識や暗黙の了解。ギター初心者であれば、楽器屋のマナーや作法なんて知らなくて当たり前なんです。

ただ誰も教えてくれなかったことで損をしたり、知らなかっただけなのに店員さんに注意されたら気分が良くないですよね。

この機会に楽器店・試奏(試し弾き)のマナーについておさらい。後半ではビギナーの方からの質問にも回答しましたので予習してみましょう。

楽器店(ギターショップ)に来店するときのマナーについて

どれも理由が分かってしまえば、特別に難しいことはないです。

でも予備知識がないと、気付かないうちにマナー違反してしまうかも?

ギターの入門モデル・初心者セットを探しに行く際に、これだけは気を付けておきたいというポイントをピックアップしました。

手荷物は最低限にしておくのがおすすめ

こぢんまりとした街角の楽器店はもちろんですが、都心にあるような大型店舗でも、どうしても窮屈なエリアができます

ゆったりした売場展示になるように工夫しているショップはあるものの、日本の多くの楽器店ではギターが隅々まで所狭しと並べられた光景がおなじみ。

大きな楽器店でも通路などが狭くなっていることはよくある
大きな楽器店でも通路などが狭くなっていることはよくある

通路や階段付近など顕著ですが、不意に自分の荷物がぶつかったりしたら、ドミノ倒しのごとく大変な事態になりますよね。

荷物の多いお客さんを見かけると、その都度店員はヒヤヒヤして注視しています。

初心者セットを購入した際には、帰り道の荷物も両手一杯に増えることでしょう。できるだけ最低限の手持ちで来店できるようにするのがおすすめです。

楽器は水に弱いよ。テイクアウトの飲み物を持ち込むのもやめておこうね。

来店時間に余裕があるスケジュールを組む

本格的にギターを選び出したら、試し弾き(ためしびき)・試奏(しそう)をしながら、迷っているうちに時間はあっという間に過ぎていきます。

いざ、佳境というタイミングで時間に追われながら焦って決めるのは不本意ですよね。

お会計を済ませてからも、検品・調整の確認、付属品の準備など、お店を出るまでに思っている以上の時間がかかります。

閉店間際に差し掛かると、バタバタしてお互いに申し訳ない気持ちになってしまうと思います。

ショッピングローン(分割払い)を考えているときには、さらに審査手続きに時間がかかるので十分余裕のあるスケジュールにしておきましょう。

せっかく購入を決めたのに、その日のうちに持ち帰りできなかったら意気消沈するもんね。

服装にも気を付けておかないと危ない

実店舗に行くのであれば、購入候補のギターを何本か試奏しながら比較が可能です。その場合、どんな服装で行くかという時点で、ちょっとした気遣いが必要になります。

ベルトのバックル金具が出ていたり、指輪・ブレスレットなどのアクセサリーを付けていると、ギターの塗装に簡単に傷が入ってしまうんですよね。

ベルトのバックルが軽くこすれるだけでギターには傷が付く
ベルトのバックルが軽くこすれるだけでギターには傷が付く

楽器店に並んでいるギターのほとんどは、店頭に展示されている現品を新品として販売します。つまり、「試奏用のサンプル」ではないんです。

買ったあとなら、傷が増えていくことで貫禄が出てかっこいいんですが、商品に傷を付けないための配慮はどうか抜かりなく。

アクセサリー・キーホルダーなどは、お店で外してもいいんですが、熱中して忘れ物をしてしまう方も非常に多いのでご注意ください。

身だしなみついでにいうと、ギターは左手の爪を短く切っておかないと上手に弦を押さえられないです。初心者の方は爪切りも済ませておきましょう。

大人数で店内に固まらないことも重要

はじめて楽器屋さんに行くときは、部活やサークルのメンバーに連れ添ってもらって一緒に買い物に行くこともあるでしょう。

気付いたら、試奏アンプの周りに密集しすぎて通路を塞いでいる状態に陥りがち…。冒頭で触れたように楽器店には、どうしても窮屈な展示スペースができやすいです。

一カ所に固まって、他のお客さんの邪魔になっていないか。ついついギター選びに没頭しがちなので、周りへの配慮は忘れないようにしたいですね。

無断で楽器に触らないというのは絶対に守る

これは大切なことなので特に強調しておきたい内容です。

ギタースタンドやハンガーに展示されている楽器って、つい実際に触りたくなりますよね。

「ほんの少しだけでも触ってみたい」と思ったら、フロアの店員さんにお願いして取り出してもらうようにしましょう。

アパレルだと「お手に取ってご自由にご覧くださいねー」と言われたりしますが楽器店は別。

よく見ると動かせないように防犯ワイヤーでつながっていることもあります。

ギターハンガーにかかっている楽器には触らない
ギターハンガーにかかっている楽器には触らない

「軽く持ち上げて重さだけ見てみたい」とか「ネックの握りだけ一瞬チェックしたい…」というとき。

スタッフが忙しそうに見えたり、いちいち面倒かとは思うのですが、「お客さんがギターを落下、転倒させてしまうトラブル」はすごく多いんです…。

ギターがすぐ手の届く場所に展示されている場合であっても、必ず先に店員さんを呼んで声をかけるようにしましょう。

海外だと「セルフで好きに触っていいよ」というショップもあるんだけど、日本人ほど傷を気にしない人が多いんだろうね

試奏するギターは慎重・丁寧に扱うこと

繰り返しになりますが、試奏するギターはサンプル品ではなく、そのまま現品販売されるもの。

はじめは楽器の全長がイマイチ分からないものなので、周囲の楽器にぶつけたり、手を滑らせたりしないようにだけ気を付けましょう。

店員さんがチューニング(調律)してから渡してくれるはずなので、コード(和音)の押さえ方などが分からなくても、何となくジャラーンと弾いてみます。

あんまり身構えると緊張してしまいますが、慎重・丁寧に扱う気持ちだけ忘れないようにすれば問題ないです。

アコギのヘッド(先端)を周囲にぶつけないように注意が必要
アコギのヘッド(先端)を周囲にぶつけないように注意が必要

試奏のときに「友人と交代して遊び出す」「やたら激しく演奏する」「大音量にする」「延々と練習し始める」みたいな方法はNGなので、今のうちに覚えておくのがいいかもしれません。

楽器店のマナー・試奏についてのよくある質問

その他、「楽器店のマナーや試奏についてのよくある質問」は下記に整理していきましょう。

当サイトの公式twitterでも、ギター初心者の方からの質問を受け付けていますので、分かりにくいことがあれば、お気軽にご相談ください。

Q:ギターの購入前には絶対に試奏が必要?

初心者に限ったことではなく、「下手だから楽器店での試奏は恥ずかしい」「怖い」「めんどくさい」と思う方は少なくないです。

結論から言うと、ギターを試奏しないで買うことはできます

「これ買いたいです」というと、だいたいスタッフから「お試しなさいますか?」と聞かれます。

そのときに「大丈夫です。初心者なので調整検品だけお願いします。」と一言伝えれば試奏なしで購入できます。

せっかく「通販ではなく、実店舗に行く」のであれば、勇気を出して弾いてみるのがおすすめですが、そこで無理しなくても大丈夫です。

Q:自分の代わりに店員さんに試奏してもらえる?

店員も「初心者なんで、代わりに弾いてみてください」とお願いされることには慣れています。

「こう弾くとこういう音が出て…」とギターの特徴や機能を説明しながら、デモ演奏をしてくれると思います。

ただし、必ずしも店員がギターを上手く弾けるとは限らないのであしからず。

あとは、実際に自分で抱えてみて、重量やサイズ感、ネックの太さなどの雰囲気がつかめればGOODだね。

特にアコギになると、「自分で弾いた音と、誰かに弾いてもらった音」で印象が変わるので、自分でギターが弾ける場合でも、客観的に特徴を判断するため店員さんにも弾いてもらうのはありでしょう。

Q:試奏後は買わないといけない雰囲気になる?

楽器屋で「試奏だけでも大丈夫?」という質問。これは洋服を試着するときの空気感に近いでしょうか。

お店ごとに考え方の違いはあれど、一般に「買わないけど、弾きたいだけ」というのは敬遠されます。

もちろん「欲しかったんだけど、試してみたら自分の好みには合わなかった」ことをちゃんと伝えれば、購入を見送ることになってもマナー違反ではないですよね。

向こうも商売なので粘ってくるかもしれないですが、押し売りスタイルの接客をする店員は近年だいぶ少なくなりました。

Q:試奏を頼んでも断られる場合はある?

楽器店によって、何かしらの理由で試奏できないモデルはあるかもしれません。

特に高価なハイエンドギターやヴィンテージはショップによって制限を設けているケースがあるでしょう。

「冷やかし」でないのが明らかで、真剣に購入を検討しているのであれば、多くのショップは拒否せず試奏されてくれるはずです。

そのときの混雑具合などの事情によっては、順番待ちで案内されることはあります。

Q:お店が混んでる時間帯を避けるためには?

昨今の情勢的に時短営業などのイレギュラーもありましたが、平時の場合、やはり土日祝日が混み合っている可能性が高いです。

あとは学生さんが長期休暇の時期になると混雑しやすい立地もあります。

落ち着いて買い物したいとき「天気の悪い日や、開店直後・平日の日中が狙い目」なのは、他の小売店と変わらないですね。

ただし、大抵の楽器店はシフト制ゆえに、混雑しにくい平日は店員の人数が少なめという傾向もあるでしょう。

補足:ギターのレンタルを試奏代わりに利用するのも選択肢

以上、細切れで語られがちな「楽器店のマナーや作法」についておさらい、解説してみました。

「試奏が苦手、店頭で試すだけではよく分からない」というときは、近年ギターのレンタルやサブスクもポピュラーになっているので、試奏がわりにそういった手段を利用してみるのも選択肢でしょう。

マナー関連の話題でよく出てくる「店頭値引きの可否」については別記事にまとめてありますので参考にしてみてください。

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました